ナスの苗の植え付け時期、定植時期は?植え替えはこのタイミングで!

スポンサーリンク
茄子の苗茄子

ナスの苗の植え付け時期は、いつが最適な時期でしょうか。
この植付時期というものは知っておいた方がいいでしょう。
なぜなら、苗というのは若い苗程、根が活着しやすいからです。

ホームセンターで売れ残った苗は、本来であればもっと根っこも生長出来ていたはずですが、

狭いプラポットに押し込まれていたために根が生長できず、
最適な定植時期を逃した苗はポットのなかで「老化」してしまい、
その苗を広いコンテナや大きなポットに定植したとしても、
根が活着できずに、上手く生長できません。

なので植え替え時期は知っておいた方がいいでしょう。
ただ、全てが時期を逃したからといって全て上手く行かないわけではないです。
しかし失敗したときに、原因がすぐに思い当れば、改善の仕方もわかると思います。

私はタネから茄子を育てた経験があり、今も育てています。

その経験からお話しできる事もあると思いますので、是非ぜひ、最後まで
読んでください。

なすの上手な育て方とは?タネと苗から実際に育ててみたレポ2020
私はこのブログのテーマとのひとつとして、 ナスを育てる事を思いたち、例によって栽培キットを 探しました。 しかし良くお世話になっている聖新陶芸さんの ナスの栽培キットは、もうすでに廃盤になっているとの事でした。 (他の商品を複数注文した時
スポンサーリンク

ナスの苗の植え付け時期はGWごろがベストなタイミング

ナスの苗の植え付け時期は、五月のGWくらいがちょうどいい、ベストなタイミングになります。

苗の育ち具合にもよりますが、なすの収穫が6月の中旬以降から10月中旬ころまでと、上手く行けば長く楽しめる可能性があります。

しかしそれ以降で、ホームセンターに売れ残ってしまった苗があったとして、
その苗をコンテナや大きなポットに植付したとしても、もしかしたら上手く育ってくれない可能性もあることをお含みおきしておいた方がいいかもしれません。

 

 

ナスの苗の定植時期は本葉6枚ほどになったら植えよう

ナスの苗の定植時期(タイミング)としては、本葉が6枚ほどになったときがよきタイミングです。

10号ポットに1株の大きさで植えるといいです。

まずは野菜用培養土をポットに入れて、
茄子の苗の根鉢が十分入るくらいの穴を、
移植ごてなどで掘っておきます。

次にビニールポットから苗を取り出します。
この時、ビニールポットが小さい場合はラクに苗が
取り外せますが、

ビニールポットが大きい苗だと、取り出すのが難しいです。
指を入れてみても全然びくともしませんでした。
大きい苗の場合、ビニールポットの穴は4つに増えていました。
(小さい苗のビニルポットは中心に穴ひとつ)

指を入れて押し出そうにも4つ穴では力が逃げるので、指を入れて苗を出すのは諦めました。
そのかわりに、ビニルポットをハサミで切ってしまって取り出そうと思い立ちました。
一か所だけ下まで切り込みを入れて、そこからビニールを剥くようにして取り出しました。

ちなみにビニルポット入りの苗は、セルトレイ入りの苗に比べて、比較的根鉢はくずれにくいです。
とはいえしっかり根元に手を添えて押さえ、そっと苗を取り出しましょう。

取り出した苗は、移植用穴に入れて、キチンとまわりの土に根が活着するようにしっかりと土をかぶせていきます。

このとき子葉は埋めてしまわないように気をつけます。

また苗が接ぎ木苗だった場合、継ぎ目も埋めてしまわないように気をつけます。

 

ナスの苗の植え替え、仮支柱をたてて結んでしまおう

ナスの苗を大きなポットやプランターに植え替えしたら、
この時点でもう仮支柱を立ててしまいます。

これは支柱が必要になってから立てたのでは、
根っこを傷つける恐れがあるからだと思います。

茄子の苗はミニナスでもない限り、1メートル以上に生長します。
支柱なしでは絶対に自立出来ない草丈です。

ですので仮支柱を立てて、麻ひもなどで支柱と苗をしっかりと結びます。
結び目は八の字にして、あくまでゆるめに結びます。

このとき、決してきつく結んではダメです。
あくまでゆるく拘束、みたいなイメージです。
生長する余地を与えてあげましょう。

その後はたっぷりしっかり水をあげます。
根が活着するにも、やはり水が必要となります。

水が鉢底から染み出るくらいに、いっぱいかけてあげましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ナスの苗の植え付け時期は、GWごろが最適であることがわかりました。
これですと苗の育ち具合にもよりますが、収穫は6月の中旬から10月の中旬まで楽しめます。

もしもホームセンターに売れ残った苗がまだあったとして、
あまりにも時期を外していた場合は、もしかしたら苗を植えても
きちんと育つことが出来ない可能性があります。

定植時期に植える苗の状態ですが、本葉が6枚以上生えているといい、
ということがわかりました。プラポットから取り出す際に、根鉢はくずさないように気を付けた方がいいでしょう。
それと子葉がついている苗の方が望ましいですが、子葉は産めないように気をつけます。
そもそもナス苗は深植えすると根つきがわるくなるので、
植え替えの際は浅めに植えるといいです。

それと苗が接ぎ木苗の場合、継いだところは埋めないように気をつけます。

苗を植えたら仮支柱をたてます。
倒れないように麻ひもなどで軽く支柱と苗を結んでおきます。

そのあとはたっぷり水をあげるといいでしょう。

しっかりと適した時期に苗を定植して、美味しい茄子をたくさん収穫しましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました