人参栽培の枯れ対策!葉にフローラHB-101を使うと葉っぱが復活

スポンサーリンク
にんじんミニにんじん

人参栽培をしている時に葉が枯れるのは、結構ショックが大きいと思います。
そのまま全部枯れてしまって、完全にダメになってしまうこともある、
「枯れ」という状態は結構深刻な状態です。

そこで私は、にんじんの葉が枯れかけてしまった時に、

ネットで評判がよかった「フローラHB-101」という商品を取り寄せて試してみました。
もともとはどうしても育てるのが難しい植物があって、
その植物をまともにそだてるための突破口にならないかと買ったものを、試しににんじんにもつかってみたところ…!?

しなびて今にも死にそうだったにんじんの葉が、ピンっと立ち上がり見事復活を遂げたのです!
ただの水切れでは断じてなかったです。溶けるように枯れてしまっていたので…:(;゙゚”ω゚”):

そんなわけで今回は、にんじんの葉っぱを生き返らせてくれた植物活性剤、フローラHB-101のお話です。

私はベジコンテナというキットを使って、ミニ人参をタネから育ててみたことがあります。

そのミニ人参を育てた経験からお話しできる事もあると思いますので、是非ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク

人参栽培で葉が枯れる…危機を回避出来た植物栄養剤の実力を見た!

人参の栽培で葉が溶けるように枯れる状態を目の当たりにして、何とかにんじんを復活させたい思いもあり、このフローラHB-101を購入しました。

フローラHB-101の原液を、こどものせき止めシロップをはかり取れるような目盛り付きの透明カップに2㏄ほど取り、2リットルのペットボトルに水を入れてフローラHB-101も入れます。

フタをして軽く振ると、水が泡立ちました。
これは溶液が結構濃いものだと、期待が持てました。

2リットルのペットボトルのままでは使い勝手が良くないので、ガラススプレイヤーに移し替えて、にんじんの葉っぱと土の部分に多めにかけてみました。

ミニニンジンの葉はいずれもくたっと力なくしおれ、中には溶けるようにして枯れていた葉もありました。

フローラHB-101希釈水をあげてしばらくしてにんじんの方を見ると、
葉っぱがピンと立って、元気になっていました。
これには素直に感動しました!

 

人参の葉が枯れるので、フローラHB-101を試した結果は

人参の葉が枯れる場合、フローラHB-101希釈液を与えればタイミングにもよりますが、完全に枯れてダメになる事を防ぐことが可能なのだとわかりました。
フローラHB-101は葉っぱだけに効果があるわけではなく、根っこも元気にする効果があります。
たとえばバジルの茎を切って、挿し木の要領でフローラHB-101希釈液につけておいたところ、茎から根っこがもじゃもじゃ生えてきました。
これは当然かもしれませんが、植物用のジェルボールにバジルの茎を差しておいても、速攻で枯れかけてしまいました。葉っぱも弱々しくなっていました。
それで切り口を斜めに切り直してからフローラHB-101希釈液につけておいたところ、一晩で根っこがもじゃもじゃ出て来て、バジルの茎もピンと張りを取り戻しました。

 

 

人参の葉っぱが枯れるピンチを救ったフローラHB-101はスゴイ!

このようにして人参の葉っぱが枯れるピンチから救ってくれたフローラHB-101。「植物を超元気にする活力剤」のキャッチコピーはダテじゃないです!
しかし、完全に枯れてしまった植物を復活させたりは、さすがのフローラHB-101でも無理です。

このフローラHB-101の実力はホンモノなので、植物栽培をするなら一本持っておいて損はありません。
植物の元気がないときの窮地を救ってくれます!

フローラHB-101希釈液は水耕栽培の培養液として使えると思いますが、遮光をしていないと藻が生えます。
気になるならアルミホイルでまるっと覆ってしまうと、藻は生えてきません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

人参栽培で葉っぱが溶けるように枯れるので、困った末にネットでとても評判のよかったフローラHB-101という植物活力剤を試してみました。
結果は評判通りの大当たり!です。

2リットルの水に対して2㏄だけで良く、こどものせき止めシロップをはかり取るような目盛り入りのキャップで溶液をはかり、2リットルのペットボトルに入れてフタをして振ってみました。
すると水が泡立ち、これは濃い液なのだと思いました。

そのままでは使いにくいので、ガラススプレイヤーに移し替えてにんじんにフローラHB-101を規定量希釈した水を与えてみました。
葉っぱも土にもまんべんなくかけてみたのです。

すると溶けるように枯れて、力なくしおれ、ぐったりしていたにんじんの葉が、元気を取り戻してピンと立つように回復していました。
本当にこれはびっくりでした!

またこのフローラHB-101は、葉だけでなく植物のあらゆる部位に効きます。
例えばバジルの茎を切って、フローラHB-101の溶液に浸しておくと、根っこがもじゃもじゃと出てきました。すさまじい根の量です。
植物を超元気にするといううたい文句は間違っていないです。

 

こうして葉っぱや根っこなど植物のあらゆるところを元気にしてくれるフローラHB-101ですが、完全に息絶えた植物をよみがえらせることができるわけではないです。どんなにスゴイ商品でも限界はあります。

そして規定量の水で薄めたフローラHB-101は、水耕栽培の培養液として使えますが、遮光しないと藻が生えてきます。

しかし良い商品に変わりはないので、植物を育てるなら持っておいて損はない商品です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました