ミニトマトの水やり頻度は毎日?時間は何時までがいいとかあるの?

スポンサーリンク
ミニトマト水やり記事サムネミニトマト
素材提供 by photo AC

ミニトマト
水やり頻度は

一日に一回で
十分です。

もともとトマトは、

南米ペルーの
アンデス高地が
ふるさとです。

つまりもともと
そんなに
水が潤沢ではない
地域の植物なので、

乾燥に強いです。

しかも乾燥気味に
育てることで
実に甘さが出ます。

でも、 そんな
ミニトマトでも、

毎日水やりは
必要です。

さすがに乾燥地帯原産でも、
日本の園芸品種ですし
水は必要です。

酷暑でからっからに
なっているのに、

水もあげないのは
ちょっとかわいそうです…汗

また、ミニトマトには
水やりに適した時間
いうのがあります。

それは、朝10時までが
ベストなんです。

遅くとも、15時までには
あげたいです。

さて、このように
結論だけは
先に述べさせて
いただきましたが、

これから理由などに
ついても詳しく
紹介していきます。

是非ぜひ、最後まで
読んでください。

 

スポンサーリンク

ミニトマトの水やりの頻度は一日一回で全然問題ありません

ミニトマトの水やりが
一日一回でいい理由
冒頭でもいいましたが

ミニトマトは原産国が
南米ペルーの
アンデス地帯です。

つまり乾燥している
地域出身の植物なため、

当然ながら乾燥に
強い性質を持っています。

そして水はけの
よい土を好みます。

 

植木鉢の下に敷くもので、
水を受ける皿がある
タイプのものって
ありますが

※こういうの↓

受け皿があるタイプの鉢photo by pixabay

受け皿に水が溜まったら根腐れの心配が!

こういったタイプの鉢で
ミニトマトを育てると
根腐れを起こす
心配がある植物です。

ですから
プランターのように、
下から余計な水が
出ていくタイプだと
安心です。

そのような背景から、
基本は一日一回
水をあげればいいのです。

とは言え、
それを知らずに
前代のミニトマトは
(ハート型の実がなる
ハートマト栽培キット
というもので
育てていました。)

水を結構あげまくってました…。

なんか、植物だから
水は必要だろうって。

イヤ確かに必要なんだけど!

水のあげ方も、

ミニトマトの
根元の方に向かって、

葉っぱを濡らさないように
あげる方がいいのですが

しゃばしゃばやってました…(汗)

なんだか水も滴るいいオトコ的な…?

それでも草勢強めで
育ってくれたので、

今回はちょっと水は
控えめにしようかな?

なんて思っています。

(※懲りずにハートマト
栽培キットにて
再び栽培中です!)

ハートポットにラップがけ

 

ミニトマトの水やりは毎日1回でいいので欠かさずあげましょう

いくら乾燥気味に
育てた方がいい
ミニトマトと言えど、

全く水が必要でない
わけではありません。

エアプランツみたく、
水をあげなくても
空気中の水分から

水分を摂取するっていう
すごい仕組みをもつ
植物もいますけど、

くどいですが
ミニトマトは

一日一回だけですが
水やりが必要です。

ええーー。

もっとあげたい!(笑)

ダメです!!

何故なら水をやり過ぎると、
前章で触れたように、

根腐れを起こしてしまいます。

根腐れは初期の
初期であれば、

腐った部分を切り離し、
土を入れ替えれば

まだ復活できる可能性はあります。

しかし根腐れが進行すると、

根っこは呼吸が出来なくなり、

やがては根が枯れ、茎も
枯れて行ってしまいます。

しかも一旦植えたら
なかなか根の状態に
気づくのは難しいです。

結構根腐れは深刻ですが、
水のあげ過ぎは
トマトの実が割れてしまう
原因にもなったりします。

(※余計な水分が
実に回って耐えられなくなって
割れてしまいます)

また、水のあげ過ぎは
実がボケたような
味になって美味しくなくなります。

↑これは経験ありです!

(※過去の私)

「初めてのハートマトがとれた~♪
さーてどんなお味かな~?

大きめだから期待♪

(パクっ)

… …  …」

(失礼ながら…
あんま美味しくない…)

…今度は乾燥気味に育てます!

 

ミニトマト水やり時間は午前10時くらいまでにあげるのが理想です

ミニトマトの水やりの
時間は、

朝10時くらいまでに
あげた方がいいです。

朝の光合成をスムーズに
行うためと、

朝から日差しが強い場合
さすがの乾燥に強い
ミニトマトでも、

水が全く与えられないと
元気がなくしおれてしまいます。

ですから午前中、
出来れば早いうちに
あげるのがいいでしょう。

夕方や夜間の
ミニトマトへの
水やりが
なぜ良くないのかと
いうと、

水が残って根腐れの
原因になりやすい
いう点があります。

それと、
徒長といって、

ムダにひょろ長く
生長してしまう
可能性があります。

ミニトマトに限らず、
やはり午前中のうちに
水をあげた方がいいです。

それと留意した方がいいのは、
器の材質です。

例えばプラスチック製の
プランターを使って
ミニトマトを育てているなら、

結構日中にプランター内の
温度が上がると思います。

そうなったらミニトマトの
苗が蒸されて湯だってしまうので、
酷暑の時は夕方にあげた方が
いい、という判断になります。

こういう風に、
状況で判断して
柔軟に対応することも
必要です。

まとめ

いかがだった
でしょうか?

ミニトマトの
水やりの頻度は、

一日一回で
いいことがわかりました。

これはもともと
ミニトマトが
南米ペルーの
アンデス地帯という

乾燥地帯出身の
植物であることが
関係している
事もわかりました。

またミニトマトは
水やりは毎日
必要なこともわかりました。

これはいくら
ミニトマトが
乾燥地帯出身とは
言っても、

基本的に日本の
園芸種なので、

さすがに乾燥地帯出身だから
と言って、
水やりが不要なワケでは
ないとわかりました。

また水やりの時間は、
午前10時までが
ベストで、

遅くとも
15時までには
あげた方が良くて、

それ以降の
夕方とか
夜の時間帯は

根腐れをおこしやすいと
いう点から、

それなら翌朝
あげた方がいいと
いうこともわかりましたね。

ミニトマトを育てるなら
知識という判断要素を
持ちながら

育てていくと
失敗が少ないと
思います。

元気なミニトマトを
育ててみましょうね♪

ミニトマトの栽培方法、成功のコツ!地植え・プランター両方解説♪
ここではミニトマトの 栽培の下準備から 栽培が終了して 次の作物を植える準備までの工程を 紹介しています。 どんな作業が発生するのか、 何をすればいいのかも紹介しています。 全部を読むと長いので 目次から必要な箇所だけ 見る事もできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました