ミントの水耕栽培のやり方はペットボトルで出来る!土栽培と違いは?

スポンサーリンク
ミント

ミントの水耕栽培のやり方は、ペットボトルを使ってやるのが一番手っ取り早いです。ペットボトルならわざわざそれ(水耕栽培)用のを買わなくても、飲み終わったあとのペットボトルを洗浄して再利用が可能です。


それと根っこを培養液につける必要があるので、スポンジなどが必要ですが、これも食器洗い用のスポンジを加工すれば大丈夫です。

また、水耕栽培は通常の土での栽培と比較した場合に、どんなメリットや違いがあるのでしょうか。その違いを知ったうえで栽培にとり組んだ方がいいですね。

私は水耕栽培キットでミントを育てた経験があり、今も育てています。

その経験からお話しできる事もあると思いますので、是非ぜひ、最後まで
読んでください。

 

スポンサーリンク

ミントの水耕栽培のやり方はペットボトルを使えばエコ活動に!

ミントを水耕栽培で育てるやり方で、容器はペットボトルを使うことをおすすめします。

飲み終わったあとのペットボトルを捨てずにとっておいて洗ってから使うのです。

わざわざ容器を買わずに流用出来ます。
とてもエコです(笑)

大きさも350ミリから2リットルまであるのが良い点です。

もしも株が大きくなって、根っこも伸びてきて手狭になってしまったら、
大きなペットボトルに引っ越しさせることも土栽培よりも簡単です。

またペットボトルは遮光のためと、藻が発生するのを防ぐためにアルミホイルを巻く事を推奨しています。

しかし水位の確認などのために、アルミホイルをめくれば中の様子がわかるのも良い点です。
そのとき根っこの様子もわかるので、根詰まりだって事前に対策が出来てしまうのです。

通常の土の栽培では根っこの様子など、把握や確認が難しいことが、ペットボトルでの水耕栽培なら丸見えなので、とてもわかりやすいという点がとても魅力です。

 

 

ミントの水耕栽培はペットボトルで出来る!水とスポンジをセット

ミントを水耕栽培で育てる時、ペットボトルに「培地」をセットする必要があります。

その培地となるのは、スポンジです。
良く食器洗いに使用するスポンジが使えます。

ただこのときにひとつ注意しなくてはならないのが、
スポンジの「材質」です。

激おちくんなどに代表されるスポンジは、「メラミンスポンジ」と呼ばれるものですが、こちらは水耕栽培には向いていません。
空気を通しにくく、根っこが酸欠で腐りやすいです。

上記の理由から、根も貫通出来ないでしょう。
水耕栽培ではお話にならないです。

そんなわけで、水耕栽培にメラミンスポンジは使わないようにしましょう。

食器洗い用のスポンジのなかで、ポリウレタンなどの材質のスポンジが
水耕栽培に向いているでしょう。

そのスポンジは汚れを落とす用の固くなっている部分は剥がしてしまい、
それからスポンジを適切な大きさにカットします。
このとき、水にスポンジが接しているようにしてください。
(水に触れていないと枯れてしまいます。)

そのスポンジにタネを固定するための切れ込みを入れます。

そしてスポンジに重ならないように種を蒔いていくのです。

 

 

 

ミントの水耕栽培、土の栽培と比較してどう違うの?メリットは?

ミントの水耕栽培、土の栽培と比較して違いとメリットは
水やりからほぼ解放されることと、

水耕栽培の方が土での栽培と比較して1.5倍のスピードで育つと言われています。

また室内で狭いスペースでも栽培が可能で、土を使わないために土づくりも不要ですし、虫がついたりしにくく病気にもかかりにくいです。

デメリットといえば、日照量が不足してしまう懸念があるので、そこは
植物用のライトを使うことも検討しなくてはならないかもしれません。

それと植物によりますが、土での栽培の方が味が良くなるとされています。
(ただし栄養素的にはそんなに遜色なしです)

まとめ

いかがだったでしょうか?

ミントを水耕栽培で育てるやり方は、まずはペットボトルを使うのがいいということがわかりました。
飲み終わったペットボトルの廃材を再利用できるので、そのままペットボトルを捨てるよりかはとってもエコロジーです。根が伸びてきたら大きい容器に変えれば根詰まりも回避できます。

ペットボトルの飲み口以上に株が生長し、窮屈になってきた場合にはペットボトルの上部を切って、任意のところで切ってさかさまにセットすれば、ミントの生長の妨げにはならないでしょう。

また培地には食器洗剤用のスポンジが使えます。適切な大きさにカットして切り込みを入れて種を蒔けば良いこともわかりました。

ただひとつ注意した方がいいのが、スポンジの素材です。激おちくんなどのスポンジはメラミンスポンジで、根が貫通出来ないので水耕栽培の培地にするのは止めた方がいいでしょう。ポリウレタンなどなら大丈夫です。
スポンジは素材を確認してから培地にする方がいいですね。

また水耕栽培と土の栽培を比較して、水やりの手間が大幅にはぶけること、
土を使わないから虫がつきにくいこと、土での栽培に比べて生長が早いなどのメリットがあることがわかりました。

デメリットは水耕栽培の容器を何かしらで遮光する必要がある事くらいでしょうか。

メリットはたくさんある水耕栽培で、ミントを楽しんで育ててみましょう。

ミントを水耕栽培キットで育ててみた様子をブログにて報告!
このブログにてミントの栽培を再びやってみようと思ったときに、栽培キットを探していたら目に止まったミントの水耕栽培キット。 水耕栽培は初めてでしたが、必要なものがセットになっているなら失敗もしにくいだろうし、何より水耕栽培の仕組みと勝手が

コメント

タイトルとURLをコピーしました